2011年6月18日土曜日

懺悔2。















さて、昨日の続きの『鍵がかかってて...』で

そこからどうしたかというと、昨日の写真の

様なワラの様な枯れて固くなった雑草を

「俺、テレビで見た事あるから

これできっと開くよ」とかいって

鍵穴に入れて、ちょっと動かしては

折れ...また違う雑草を入れては折れ...。

きっと鍵穴がビッチリ埋まるくらい

何度も繰り返しました。

結果はもちろん鍵は開く訳もなく...。

でも恐ろしいのは私の記憶でして、

その後『タカちゃん』の親だったり

私の親に怒られた記憶はないんです。

今になって思えばきっとあれだけ

雑草が鍵穴に詰まってたら

肝心の『鍵』はきっと入らなかったんじゃ

ないかと...。

改めて今懺悔したいですね。