2011年6月20日月曜日

懺悔4。















さて、昨日の続きです。

ある日私は何か用事があって、母の住んでる

所に行った帰りの事。

「あ、そうだ!店長の家も確か

この辺なんだっけ?」と思い付くと同時に

私の中で何かのスイッチが入った様で。

探偵もしくは刑事気取りで、ちょっと

ワクワクしながら『店長の家探し』が

始まりました。

場所も知らないので、なんとなく

この辺かな?という感じで彷徨って

いたら見るからに新築っぽいマンションを

発見!オートロックではなく

エントランスには集合ポストが...。

見ると7階のポストだけ色々な

チラシがごそっと入っていて。

「そういえば店長と同じ階には

他にあまり住んでないって言ってたっけ」

そのままエレベーターに乗り

『7階』に行ってみました。

エレベーターから真っ直ぐ前に廊下が

伸びていて天井の照明が1カ所だけ

消えていて「あ、家の前だけ消えてるって

言ってたっけ」と思ったのと同時に

「ピ〜ンポ〜ン」と、もう手が勝手に

押してました。

〜つづく〜