2015年6月6日土曜日

進化。



最近、サラダとかに当たり前の様に
ほうれん草の葉っぱがパラッと入ってたり
してるのを見て、ふと思いました。

私が子供の頃は食卓に出る”ほうれん草”とは
必ず”おひたし”でしたよ!

当時はどうやっても”えぐみ”があるから
おひたしにするしかなかったんでしょう。

”もやし”もそうですよ。
最近のはラーメン屋さんでも
さっと茹でるだけでそのまま麺に
乗せちゃってますが、
昔の”もやし”なんかはそんなんじゃあ
全くもって食べられたものでは
無かったですよね?

子供の頃ジンギスカンを食べてる時に
うっかり早めに食べてしまった
あの”もやし”の味は今思い出しても
何と表現していいものやら...
”アムッ”っとかじったらホントは
そのまま閉じたいはずの口が
空いてしまうくらいの独特のまずさで
『気になり』でしたね。